沖縄伝統のお菓子や甘味

様々な国との交易によって生み出された沖縄のお菓子

沖縄は、海外との交易を行い中国や日本、韓国などの東南アジア各国の食文化も影響を受け、積極的に取り入れて沖縄独自の食が生まれました。沖縄のお菓子もそのひとつで、琉球王朝の時代から親しまれている沖縄の伝統菓子は、中国の影響を受けた上品な甘さがあり、名前も中国風のものが多いのです。一方、庶民の日常生活の中から生まれたお菓子は、黒砂糖を使った素朴な甘みが魅力です。どちらも派手や華やかさはないのですが、しみじみとした優しい美味しさがあります。
ちんすこうやサーターアンダギーなどは、誰もが聞いたことがあり知っている沖縄の有名なお菓子ですが、それ以外にも美味しいお菓子があるので、どんなものがあるのか、いくつか紹介していきますね。

沖縄のお菓子は小麦粉や、黒砂糖を使ったお菓子が多い

塩せんべい
原料は米ではなく、小麦粉を使ったお菓子。水に溶いた小麦粉を焼き固め塩を振りかけただけのシンプルなお菓子で、上にチョコレートクリームなどをかけて食べたりします。

山城まんじゅう
「やまぐしくまんじゅう」と読みます。小豆のあんを薄皮で包んで蒸したまんじゅうで、月桃の葉のいい香りがほのかに漂います。100年以上の歴史があり、首里を代表する名物と言われています。

タンナファクルー
水で溶かした黒砂糖液に溶いた重曹、小麦粉を入れて練り、天火で焼いたお菓子。ネーミングは首里の王那覇さんか考案した黒いお菓子から来ていて、粘着力のある触感が特徴で素朴な甘さは牛乳と一緒に食べると更に美味しさが増します。

ポーポー&チンビン
中国の正月料理が原型で小麦粉を水に溶かしたものを薄く焼き、炒めた豚肉と甘い味噌入りがポーポー、黒糖入りクレープ風をチンビンといいます。家庭で作れるおやつとして人気があります。