沖縄産地の食材を使った琉球料理

沖縄の天ぷら?一度は試してみよう!

沖縄に行ったら沖縄天ぷらを試してみましょう。沖縄天ぷらは衣に卵を多く使っていて、分厚いのでたくさん食べるとお腹いっぱいになるかもしれません。ウスターソースで食べたり、衣に味がついているのでそのまま食べたりすることができます。沖縄では天ぷら専門店がたくさんあるので、お気に入りを見つけるのも楽しいでしょう。沖縄の食材を使ったもずく、島らっきょ、紅いもの天ぷらは珍しいので試してみる価値ありです。もちろん、グルクンなど地元でとれた新鮮な魚も天ぷらで食べることができますよ。沖縄の人は天ぷらをビールのおつまみや夕食のおかずとして食べています。ときには、おやつとして食べることもあるので、旅行中にちょっと小腹が空いたときに、スナックのように楽しむことができます。

豚肉も沖縄食材でさらにおいしく!

沖縄ならではの特産品として黒糖と泡盛などがあります。これらを調味料として使うことで沖縄料理らしい味わいを堪能できるでしょう。豚の三枚肉を使ったラフテーは、黒糖と泡盛がなければあの独特の甘みやコクが出ません。豚の三枚肉の表面をしっかり焼いてから黒糖や泡盛、しょうゆやだし汁を入れて数時間じっくり煮込みます。ラフテーは一品料理として琉球料理のお店で提供されることがあります。また、琉球料理のなかでもよく知られている沖縄そばの具材としてお馴染みですよね。やわらかくなるまでじっくり煮込んであるので、箸を入れれば簡単に切れてしまう、甘くてやわらかい豚肉の料理です。沖縄を訪れたときには、地元の食材を使ったラフテーを楽しんでみましょう。